金属加工のワダ 金属加工のワダ 金属加工のワダ 金属加工のワダ 金属加工のワダ 金属加工のワダ

もともと手仕事にこだわったのではありません。
こだわらざるを得ない発注が多かったからではないかと、思います。

合理的な量産品ももちろん可能ですが
人が関わらなければ完成しない依頼をたくさんいただきます。

九州から、メモ1枚持って来られる方もいます。
無理難題に応えるかどうか、悩むこともあります。
けれどもそうやって製作してきた試作品やサンプルは
「最初の一つ」になるものであり、
今、その製品が量産されているということもあります。
あの時一生懸命やって良かった、と思います。

思い起こせば様々な「変わったもの」を作ってきました。
世の中の金属加工で大概のものは、作ります。
加工の機械や部品がないのなら、その部品から作ります。
我が社には、金属加工の在り方を知る、自慢の職人が揃っています。


特殊金属

純金や純銀、純アルミニウム・チタン加工をはじめ、コバルトやモリブデン・タングステンの加工も行います。それぞれ難しい素材ですが、一度御請けしたからには必ずやります。チタンなどは難しいと言われていますが、慣れているので得意にしています。

特殊加工

昨年は大津祭りの龍門滝山の大車輪の部品をつくりました。古いものなので正式な図面ももちろんなく、現物合わせで行いました。もちろん単品ですし、今後100年は依頼のない仕事でしょう。単品・小ロット・現物合わせなど、どうぞご相談ください。

大津祭り 龍門滝山の大車輪修復