金属加工のワダ 金属加工のワダ 金属加工のワダ 金属加工のワダ 金属加工のワダ 金属加工のワダ 金属加工のワダ 金属加工のワダ 金属加工のワダ 金属加工のワダ 金属加工のワダ 金属加工のワダ 金属加工のワダ 金属加工のワダ 金属加工のワダ

株式会社ワダには、ヒトの手でなければ完結しない職人のワザがあります。
機械で加工するだけであれば、海外で作ったほうがコストが良いでしょう。
けれど、わたしたちは、世界に通用する、
どこにも作れないものを作ることができます。

アイデアをお知らせください。
ただのメモ書きから形をつくります。
翌朝には出来上がりが机の上に置いてあることもあります。

ヒトの力とワザで、金属を追い込みます。


旋盤加工・汎用旋盤

金属加工の原点は汎用旋盤です。モノを固定し刃物を回転させて加工を行います。

NC加工・数値制御機械加工

旋盤の機械版がNC加工(Numerical Control machining)です。刃先の動作をコンピューターで定義された座標値によって加工を行います。

フライス加工・汎用フライス

旋盤とは逆に刃物を固定し、モノを回転させて加工を行います。

MC加工・マシニングセンター

フライスの機械版がMC加工(machining center)です。自動で工具を交換する機能をもち、目的に合せて様々な加工を行うことができます。

ワイヤー加工・放電加工

ワイヤー放電加工は、水の中にモノを水没させ電気の力で金属を加工します。複雑で細かい形状を任意に切り出すことができます。

溶接・溶接工

溶接は人の手でしか出来ません。けれど若い人の溶接工の成り手が少ないと聞きます。溶接工が居る工場も少なくなってきました。我が社では溶接機械が2台あります。協力会社には3台あります。精密機械の部品加工で、溶接は欠かせません。1個・2個から確実に手作業で溶接します。

仕上げ加工

仕上工が居るのは珍しい、と良く言われます。機械加工が多くなってきた現在では確かに珍しいのかもしれません。我が社で扱う部品のほとんどが単品・小ロットです。一つひとつ違う注文に対して、いかに忠実に応えていくかが肝要です。内作ももちろんですが、協力会社の専門技術を経る場合も、最終的に我が社で仕上げをし、最終的な検査へ回します。

検査・3次元測定器・輪郭形状測定器

人が関わる製品には、ヒューマンエラーが起きます。我が社では、0.0001mmの誤差を測定できる3次元測定器を備えています。機械加工では数値どおりの加工ができますが「この枠にしっくりくるものを作って欲しい」という依頼の場合、最後のカタチをイメージする力が、0.0001mmの数値よりも重要になることがあります。求められる「正しい」カタチを作り3次元測定器や輪郭形状測定器、そして検査だけをする「検査工」の目を経て、製品を送り出しています。